医療 福祉 違いについて

医療と福祉の違いについて

医療と福祉の違いとして、医療は病気や怪我の治療や、病気の予防などを目的とするもので、福祉は社会的弱者を救済することを目的とするものです。
福祉は高齢者や身体障害者などを対象にしますが、高齢者は加齢によって身体の機能が衰えており、病気を患っている場合が多いです。
そのため、介護を受けながら医療を受けることも多く、医療と高齢者福祉は密接に関係しています。
最近は療養型の総合病院が増えており、療養型の総合病院では、医師による病気の治療と、介護を同時に受けることができます。
リハビリが必要な高齢者には、理学療法士や作業療法士が、医師の指示に従って高齢者にリハビリの指導を行い、高齢者の身体機能の回復をサポートしています。

Copyright(c) 医療 福祉 違い All Rights Reserved.