医療 福祉 違いについて

医療と福祉の違いについての説明

ニュースなどで医療に関する話題が出ることが多いですが、それに合わせて福祉に関係するものも多いです。
そこでこれらの違いについてみていくと、医療とは医師や看護師など資格を持った者が患者に対して治療を行う行為となっています。
そのため、相手の命に関係する診察や診療を行うのが医療ということになります。
それと比べて福祉というものは、人が幸せに生きるために安定した生活を営むことという意味合いが強いです。
これは必ずしも医師などによる診察などが関係してくるわけではないため、内容は人によって異なっています。
この幸せという概念も人によって異なっており、経済的自由を得ることや社会的地位を得ることなどが挙げられます。
このように医療と福祉は似た意味を持つ言葉でありますが、比べてみるとその違いがはっきりと表れます。

Copyright(c) 医療 福祉 違い All Rights Reserved.